賢く不動産売却!

不動産の買取システムで注意すること

不動産の買取システムで注意すること 自分の所有している不動産を手放そうという場合、個人が買い手を探すというのが非常に困難です。そのため、一般的には不動産を手放す際には不動産会社を介して買い手を探すことになります。
不動産の買取システムには二種類あり、仲介と買取のふたつの形態があります。このうち、仲介では個人の代わりに仲介役となった会社が買い手を探し、売買が成約したときには仲介手数料を受け取るかたちとなっています。
この場合、買い手が見つかるまで時間を要してしまう可能性が高まりますが、市場価格に近い価格で売買が成立する可能性が高いという特徴があります。
それに対して買取では文字通り会社が家やマンションなどを個人から直接買取をするかたちになります。
この場合、仲介手数料は発生することはありませんが仲介と比べて家やマンションなどを市場価格に近い価格で買い取ってもらえない可能性が高いとされていますが、買い手を探す手間が省けてすぐに現金化できるというメリットがあります。

買取システムのメリットは「安心」のみ

買取システムのメリットは「安心」のみ 不動産売却を行う時、多くの人は仲介業者と媒介契約を結んで購入希望者を見つけて貰う方法で行うのが一般的です。
媒介契約には専任媒介や専属専任媒介、一般媒介などの契約スタイルがありますが、売る側が契約スタイルを決める事が出来るようになっています。
この場合、媒介契約の中でのお金は掛かりませんが、売買契約が結ばれる段階になると仲介業者に仲介手数料を支払う事になります。
仲介手数料の目安は、販売価格の3%と6万円を合計し、これに消費税を加えた額になります。媒介契約の場合、売却までに時間を要する事も少なくありません。
仮に、売却を急いでいる時などは、不動産買い取りを利用した方が短期間で売却が出来るなどのメリットがあります。
不動産買い取りの場合、仲介手数料なども掛かりませんが、媒介契約を結んで売却をする時よりも、価格が下がる傾向が強く、不動産買い取りのメリットはすぐに売却が出来るなどの安心感が高くなるのが特徴です。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>