賢く不動産売却!

不動産仲介会社と買取再販業者の専任返し

不動産仲介会社と買取再販業者の専任返し 不動産仲介会社と買取再販業者との間では、専任返しということが一般的に行われています。
専任返しとは、例えば、不動産仲介会社A社が買取再販業者B社に不動産を仲介した場合に、その物件について、A社とB社の間で専任媒介契約をすることです。
つまり、B社その物件を販売するときは、A社との専任媒介契約がありますから、A社が仲介することになり、物件が売れたら、A社は仲介手数料を受け取ることができます。
つまり、A社は、最初にB社に物件を仲介するときと、再販するときの仲介の2回、仲介手数料を受け取れるというメリットがあります。
B社にとっても、再販するときにはA社が専任媒介するのでA社の名前を使うことができ、メリットがあります。
この専任媒介契約の期間は普通は3か月間ですが、実際に売れるまで続けるという場合もあります。
B社にとっては、良い物件を紹介してくれたA社に対するお礼の意味もあり、不動産業界における慣行となっています。

不動産の専任返しとは

不動産の専任返しとは 不動産の専門用語で専任返しというものがあります。
どういうものかというと、専任は専任媒介契約の事を言います。
つまり、専任返しとは、ある不動産会社が別の同業社に物件や土地を紹介したとして、それらの物件や土地に対して約3ヵ月程の専任媒介契約を結ぶという事です。
この契約を結ぶ事で、別の同業社がその物件や土地を転売した時に手数料をもらう事ができます。
分かりやすくいえば専任返しは、自分達の会社に土地や物件を紹介してくれた会社へのお礼のようなものです。
これは、お互いの会社にとって利益があり、この仕組みがあることによって優良な物件を得る事が出来ます。
そしてこれを上手に利用する事で、安くて良い物件を紹介する事で安定した取引先を作ることも出来ますし、紹介された会社も効率的に物件を場売却する事が出来ます。しかも複数の会社とこの契約を結べば、手数料だけでもかなりの利益となります。
この形は、不動産業界でも物件を買い取ってもらった時と、転売して売れた時の合わせて2回手数料がもらえる事から、利益が出やすいビジネスモデルとして注目されています。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>